ドンキホーテのお米っておいしいの?

スポンサーリンク

ドン・キホーテって家電やブランド品、食品、おもちゃなどなんでも売っていますが、ドンキではお米も売っているんです。

あきたこまち、コシヒカリなどの有名ブランドのお米が10キロ2000円とかで売っています。

しかし、それだけ安いと味の方も当然気になりますよね。

ツイッターで実際にドンキの米を購入した人のツイートを見ると、値段が安いお米だとあまりおいしくないようです。

「あきたこまち」や「コシヒカリ」のような有名ブランドのお米ならどれを買ってもおいしいと思っていたので、必ずしもおいしいというわけではないようです。

おいしいお米を選ぶポイントは単一原料米

色々とお米について調べるとお米には単一原料米複数原料米というのがあることがわかりました。

単一原料米とは、産地、産年、品種が同一のお米のことを言い、複数原料米とは産地や品種、産年などが違ったものを混ぜているお米だそうです。

複数原料米は古いお米を混ぜている物があるため、それで値段も安く買えるみたいです。

単一原料米かどうかを調べるにはパッケージの裏側を見ればわかります。

ドンキに売られている値段が安いお米は複数原料米であることが多いそうで、おいしいお米を選ぶには事前に単一原料米と表示されているか確認しておくと安心です。

ちなみにお米はわざわざお店に買いに行かなくてもAmazonでも購入することができます。Amazonでもコシヒカリやあきたこまちといったブランド米を購入できるのでおすすめです。

ちなみに私は山形県産の「つや姫」というお米をいつも買っています。値段は少し高めですが、味もとってもおいしくて最高です。