リステリンは味覚障害になる?

スポンサーリンク

リステリンを使ったことがある方ならわかると思いますが、リステリンは刺激がかなり強めなので、1日に何度も口をゆすぐと舌がヒリヒリすることがあります。

そんなリステリンですが、リステリンを使いすぎて味覚障害になったという報告がいくつかあるようです。

リステリンの味覚障害報告

ツイッターで検索してみるとちらほらリステリンで味覚障害を起こしたというツイートがありました。

味覚障害が起きたらすぐに使用をやめること

リステリンを使用して味覚に異常が起きたらすぐに使用は中止しましょう。

味覚障害が起きてもリステリンの使用をやめれば、1週間ほどで治るようです。

リステリンは口臭予防や虫歯予防など効果の高いマウスウォッシュですが、人によっては合わない場合もあるようです。

もし刺激が強すぎる場合は、ノンアルコールタイプのリステリンを使うのがおすすめです。

ノンアルコールは刺激も少なくて味覚障害も起きにくくなっています。