大相撲巡業で救命女性が土俵に上がるも降りろとアナウンスされる

スポンサーリンク

京都府舞鶴市で4月4日に開催された大相撲舞鶴場所で、多々見良三市長があいさつ中に土俵上で倒れ、複数の女性が救命措置のため土俵上で心臓マッサージなどを行ったところ、「女性は土俵から降りるように」とのアナウンスが数回にわたり行われたことが分かった。

そもそもなぜ女性は土俵に上がってはいけないのか?

相撲好きにとっては常識かもしれないが、相撲をあまり詳しくない人は女性が土俵に上がってはいけないこと自体を知らない人も多いのではないだろうか?

私自身は最近はあまり相撲を見ていないが、小さいころはよく相撲を見ていたので、女性が土俵に上がってはいけないこと自体は知っていました。

ただ、なぜ女性が土俵に上がってはいけないのか理由まではよく知りませんでした。

そこで色々と調べてみると、土俵は神聖な場所とされ古くから女人禁制とされてきたため、その伝統を守るために女性が土俵に上がることは許されていないそうです。

このような経緯から女性が土俵に上がることは禁じられているそうです。

ただ、女相撲の大会などがあるように女性でも相撲を取っている人は存在する。

女相撲はアマチュア大会なので、大相撲とはそもそも組織が違うので、問題ないのだろうか?

そのあたりはなぜOKなのかよくわからないが、とにかく大相撲の世界では女性が土俵に上がるのは禁止されているのだ。

 いかなる事態でも女性が土俵に上がることは許されないのか?

今回のケースで問題になるのは、市長が土俵上で倒れ一刻も早く措置が必要な状況だったにも関わらず、場内アナウンスで救命措置を取っていた女性に土俵から降りるようにアナウンスしたことである。

土俵上がいくら女性が上がるのが禁じられていても、命のかかわる状況でも女性が上がるのが許されないのは国民の理解を得られるのだろうか?

まだ相撲協会から正式なコメントは出ていないが、今回のようなケースでは女性が土俵に上がるのは致し方ないと思う。

ある記事によると一部の観客から「女性が土俵に上がっていいのか」との声が挙がり、慌てて若手行司がアナウンスしてしまったと書かれていたが、一刻を争う状況でそのようなことを言う人がいることも残念である。

いずれにしてもここ最近不祥事続きで、ただでさえ相撲協会のイメージが悪化しているのに、新たな問題が浮上してしまったことが残念でならない。