辰巳芳子さんの家族構成や現在、年齢は?

スポンサーリンク

7月14日に放送される「サワコの朝」は料理家の辰巳芳子さんがゲストです。

料理研究家の草分け的存在であった母親の辰巳浜子の志を継ぎ、「命のスープ」や自宅でスープの会を主宰するなどしています。

そんな、辰巳芳子の家族構成やプロフィール、現在などを調べてみました。

辰巳芳子さんのプロフィール

名前:辰巳芳子(たつみ・よしこ)
出身地:東京都目黒
生年月日:1924年12月1日

辰巳芳子さんは1924年に東京都目黒生まれで2018年現在、93歳とかなりご高齢ですが、写真を見るととても93歳とは思えないほど若々しく見えます。

実際93歳になった現在も、鎌倉にある自宅で「スープの会」を主宰しています。

スープの会は1996年から開催しており、もう20年以上もスープの良さを伝えているのですね。

スープの会には全国から多くのファンが訪れているそうで、予約を取るだけでもかなり大変なようです。

その他にも本の出版やNHKきょうの料理への出演など精力的に活動しています。

現在は、次世代の子供達に安全でよい食材を伝えたという思いから「大豆100粒運動」会長「良い食材を伝える会」会長「確かな味を造る会」の最高顧問を務めるなどしています。

この年齢まで元気に活動しておられるのは日頃から食の大切さを説いてきた辰巳芳子さんだからこそできる技なのかもしれません。

辰巳芳子さんの家族構成

辰巳芳子さんの父・辰巳芳雄さんは大成建設常務取締役を務めており、母・辰巳浜子さんは料理研究家の草分け的存在でありました。

辰巳芳子さんは高校2年生の時にカトリックの洗礼を受け、その後、柳城保育専修学校に進学をします。

19歳で結婚をするが、結婚後わずか3週間で夫がフィリピンに出征し、そのまま戦死してしまいます。

その後、国立教育研究所に勤務するが、結核を発症。

結核が治り、慶應大学心理学科に入学するが、結核が再発してしまい、学問の道を断念します。

そして40歳の時に、母の手伝いを始め自宅で料理を教えるようになります。

その後、イタリア料理やフランス料理を学び、料理の道を本格的に極めていきます。

辰巳芳子さんがスープを作るようになったきっかけは脳血栓を患った父・芳雄さんのために栄養が豊富にとれるスープを作ったことでした。

父のために作ったスープがのちの「命のスープ」として多くの方に支持されるスープの原点となったのですね。

辰巳芳子さんのスープ教室の募集はしている?

辰巳芳子さんが主宰しているスープ教室は自宅で行われる鎌倉スープ教室以外にもスープの基本を学べる「杜の会教室」と3年間かけてスープを学んでいく「腰越教室」があります。

現在、鎌倉スープ教室の募集予定はなく、「杜の会教室」も2018年度の募集は終了しています。

年に約9回開催される「腰越教室」も2018年4月以降の募集は終了していました。

 2019年以降の募集についてはまだ詳細はわかっておりません。

●お問合せ窓口
NPO法人 良い食材を伝える会 (スープ教室担当)
1)mail: soup.tatsumi@gmail.com
2)FAX: 03-3423-6085(随時)
3)電話: 03-3423-6080(毎週水曜日10:00~13:00のみ)

辰巳芳子さんに子供はいるの?

辰巳芳子さん19歳で結婚し、すぐに夫を戦争で亡くしています。色々と調べたところ、辰巳芳子さんに子供がいるという情報は見つかりませんでした。

結婚も19歳でして以降再婚したという情報もなかったので、その後は独身を貫いているのかもしれません。

辰巳芳子さんの著書でも学べます

スープ教室に通うのは難しいという方は辰巳芳子さん著書の本でもスープのレシピなどを学ぶことができます。

食の大切さや辰巳芳子さんの料理哲学など詳しい部分まで書かれているので、とても勉強になります。

まとめ

90歳を超えてなお次世代の人達のために、精力的に活動されている辰巳芳子さんは本当に素晴らしい方だと思います。

日々の生活を充実させるにはやはり食事の面から変えていかなければならないことがよくわかりました。